ロットワイラーかえでのゆるゆるぶろぐ。


by rottweiler-kaede

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

やっと!

今日はレッスンも取れてなかったので、一日ちえちゃん(猫)と
グダクダしようと思っていました。
けれど、嬉しい急な予定ってくるものですね!

いそいそとディニーズへF8BF.gifF9AD.gifF9AD.gifF9AD.gif


いたーーー!!!





のび氏F991.gif

まだまだチビッコでかわいいF9CB.gif


と、帰ってきてから気づきました…
うかれてて写真がないF9C7.gif


やっと、やっと会えました♪
ぴちぴちの坊やにかえでもくららも大興奮F9AD.gif

あんたらええ年やねからほどほどにしときよ~
でした。


ムフフ~パピーっていいな!
[PR]
by rottweiler-kaede | 2013-07-23 22:03

実は。。。

先週かえでは入院していました。

























といっても、1泊2日。しかし、一歩間違えば命に関わることだったんです。
ことの始まりは先週の火曜日。暑いので夜遅くにかえでとアイスクリームを食べていたんです。
安いアイスバーだったので、かえでに一本、自分に一本、そして付属のババにも一本。
犬にアイスを食べさせることがどうかということは置いておいて、、、

かえでも最初はちまちまかじったり、なめたりして楽しんでいたんです。しかし、あるところで
まどろっこしくなったのか。グイッとひっぱられ、そのままゴクリ、、、
ん???木の棒は?
周りを探したけれど、ちっとも見つかりません。棒がかまれた音もしませんでした。
あれ???も、もしかして。

12cmくらいある木の棒ごと飲み込まれてしまいました。
獣医さんに駆け込もうにも、夜も遅い。
かえで地方は名古屋のように救急もない。。。ど、どうしよう!一生懸命ネットで夜間救急を探すも
みつからず。名古屋まで行くかどうか非常に悩んだけれど、場所がよくわからない。
次の朝、一番で内視鏡のある獣医さんに行こう!ということになりました。

さすがに私は出稼ぎにでないとだめなので、ババに頼んで連れて行ってもらいました。
やっとババから連絡があり、どうだったのか聞くと。。。
「あかん。ただレントゲン撮っただけで写らんからわからんて言われただけや。
内視鏡は全身麻酔のリスクがあるからできへんて。詰まったりして調子が悪くなったら来てやて。」

えええ!閉塞とかしたほうがリスクが激高になるんとちゃうん?!というか、いつそうなるかわからないし
すぐに気づけるかどうかわかりません。しかも、それこそ夜にそうなったらどうするの!
閉塞なんて1秒を争う状態やんか!それになるのを待つって?!
(そんなの食べさせたお前が悪いんだろ、というのはここでは棚に上げて)
それにこれからの時間帯は腸に移動してたら余計に詰まりやすのではないのか、、、なんて
素人は考えてしまいます。
そしていろいろ調べた結果、ここだ!というところは休診日。。。よりによって。。。

仕方なくこの日は目を離さないように十分気を付けて、ご飯は早い時間にほんの少し。
こんなに夜が長いのもなかなかないことでした。

無事に朝を迎え、ここだ!という少し遠い病院へ。
まずはレントゲン。ガスもたまっていないし、今のところ閉塞、捻転はない。
しかし、絶対に体内に棒はあるのでCTを撮ろうということに。全身麻酔が必要なので、預かり。
そして内視鏡、もしなければ開腹という予定でした。
午後の手術はいっぱいだそうで、午後の診察時間が終わってからしてくれるということになりました。
準緊急扱いにしてくれて本当に感謝しています。

そして夜。主治医の先生から連絡があり、「CTでは見つからない、口からは内視鏡で見たけれど
見える範囲にはない。下からはまだ。開腹するかどうか決めてください。」と。
かなり高性能なCTで竹串なんかだとわかるそう。。。どうしよう。。。
あるかどうかわからないのに開腹。。。絶対出ていないという確信が持てなくなりました。
できれば開腹したくない、けれどここであきらめて何かあっても絶対後悔する。
かえで、ごめん。こんな目に合わせて。
で、まだお尻から内視鏡はしてもらっていないことを思い出し、まずはしてもらうことに。
そしてなければ、今回は中止。そうしてもらいました。
電話を待つ長い長い時間。。。1時間くらい経った頃、やっと電話が鳴りました。
「結論から言うと、ありました!」
やったーーーー!!!!!!!よかった!!!!!!
詳しいことは省きますが、内視鏡の届くぎりぎりのところにあったそうです。しかも引っ掛かり気味。
手術になっていれば、傷の治りが悪く重い合併症が予想される場所だったそうです。

無事、次の日に退院することができました。一番いい結果で。
先生方も夜遅くまでお手数をおかけしたし、かなりうっとうしい飼い主なのにも関わらず、
迎えに行ったとき、とっても丁寧にCT、内視鏡の説明をしてくれました。

かえではといえば、、、その先生を引きずりながらでてきて、一応再会を喜んでくれました。
丸二日ほぼ絶食状態なので、少しやせた?
a0253518_23255585.jpg




ご覧になることはないだろうけれど、某動物病院の先生方
遅くまで嫌な顔せず、かえでを助けていただき本当にありがとうございます。
「今回はみんながハッピーな結果になってよかったです。」なんて言葉をいただいたとき
泣きそうでした。プロってこういう人たちなんだな、と思いました。
本当にありがとうございました。
うちの犬猫が有事の際は絶対に先生方のお世話になろうと思います。
[PR]
by rottweiler-kaede | 2013-07-14 23:26
6月最後の日曜日は今年最初のエクでした。
場所は琵琶湖のほとり。会場のすぐ裏はもう波打ち際(って湖でもいうのか?!)

家からは近いので、朝は比較的ゆっくり。途中ですき家に寄り道。
昼ごはんのつもりで買ったのに、匂いに負けて朝ごはんに。

今回は出走もあまり多くなく、70頭ちょっと。
会場は狭いので、スピードがあまりない子にもチャンスが!なんて言うのを
耳にしたけれど、うちのアスリートは問題外のさらに外。いいのさ~

まずは総合の練習走から。
60→70→リング→リング→ハイウェイ→ワープ→マウンテン→トンネル
→80→スラローム→スロープスロープ→ゴール
というコースでした。
80を落としたのみ。心配だったスラの入り口は、80を跳んだところで黙っていたら
「次は?」と着地の一歩でこちらに戻ってこようとしたので、
「スラ!」と言ったら、自分から狙って入ってくれました。
アジの練習しかしていなかったので、18本もあるスラを抜かすのではないかと
心配でしたが、まじめにいいリズムでクリアしてくれました。

ハイスピは問題なし。


いよいよ本番です。
a0253518_2044291.jpg

私たちの以心伝心がわかるかのような???スタート前。この写真すてきです。
よく見たらアイコンタクトしてるわけじゃないのは、見逃してくださいね。

a0253518_2094077.jpg

60センチはクリア。

a0253518_20122630.jpg

70センチは私が焦らしちゃったこともあり、残念ながら落下。

その後は順調。いよいよクライマックスに近づいてきました。

a0253518_20203582.jpg

80をクリア!!!うまく足をぬいています。かえでもホッとしたよう。

a0253518_20265612.jpg

練習走でうまく入った時は、本番でうまくいった試しのないスラローム。
押さないように後ろからゆっくりついていくと、うまく入ってくれました!

a0253518_2033528.jpg

やったー!
しかし、ここで気を抜くと途中で終了されてしまいます。なので、入った後は一本ずつ
声をかけます。

a0253518_20393038.jpg

かえで「やれたよ!よっしゃ!」

これらを超えればあとは大丈夫。

a0253518_20442073.jpg

お互いにうれしい楽しい瞬間。
かえではボールを催促しています。
うんうん、がんばったね。

最後はお約束?
a0253518_20475334.jpg



ほんとうに楽しい素敵な犬です。


最後にゆかさん、主水君、写真を本当にありがとうございます。
[PR]
by rottweiler-kaede | 2013-07-05 20:50